60日間無料トライアル版キャンペーン(MylogStar Desktop)について「2021年08月31日まで」

MylogStar Desktop(ログ管理ソフトウェア)は、日本では業界トップクラスのシェアと実績を持ち、この度、タイでも販売することになりました。 このソフトは、PC端末で行なっている操作を記録・管理・分析することで、「いつ、誰が、どのファイルを、どこへどうした」不正操作の抑止、情報漏洩などの有事の際の証拠として、お使い頂けます。 機能としては、15種類のPC操作ログが取得できます。(コンピューターの電源オン/オフ、ユーザーログイン/オフ、アプリケーション使用履歴、ファイルアクセス履歴、プリンター使用履歴、Eメール送受信履歴、Web閲覧履歴、参照したウィンドウ使用履歴など) その他、禁止アプリの設定や私用USBの利用制限など管理もできます。 今回は、ソフトウェア販売記念として、2021年8月31日までの期間、トライアル版無料モニターを募集いたします。無料トライアル版は、製品版とまったく同じスペックでご利用頂けます。60日間使ってみてから、有料版を使う際には、別途お申し込みで引き続きご利用頂けます。 無料トライアル版のお申し込みは、下記の情報が必須で、th-mls-sales@runexy.co.jp(メールアドレス)まで、下記情報を記載して、メールアドレスにご送付下さい。 氏名(日本語、または、英語)、フリガナ、会社名、携帯電話番号、Eメールアドレス、ご利用ソフトウェア言語(日本語、英語のどちらかを指定してください。) ソフトウェアご利用条件をご確認下さい。 対応OSは、Windows 10、Windows 8.1です。また、Windows対応言語は、日本語、英語、タイ語でご利用頂けます。 >> Privacy Policy >> Webサイトにおけるプライバシーポリシーの取り扱いについて

★ バックアップファイルのランサムウェア対策

★ バックアップファイルのランサムウェア対策 今回は、最近猛威を振るっている『ランサムウェア』に対するバックアップ対策をご紹介します。 ランサムウェア対策にはバックアップが有効ですが、そのバックアップファイルをどのように守るかが非常に重要な課題となります。 取得したバックアップファイルを元データと同じネットワーク上においてしまうと、ランサムウェアに感染した場合、元データと同様にバックアップファイルも被害にあってしまいます。そうなってしまっては元も子もありません。 そのため、ランサムウェア対策用にバックアップを取得する場合は、物理的にネットワークから隔離する必要があります。例えば、外付けRDXを利用してバックアップイメージファイルをカートリッジに保存し、物理的にネットワークから隔離することで、バックアップファイルがランサムウェアに感染しないように運用することが可能です。この場合、もしマシンがランサムウェアに感染しても、バックアップファイルを使用して、感染してしまったファイルの復元やマシン全体を復元することが可能となります。 「ActiveImage Protector -RE」でバックアップを取得していれば、高速なリカバリが可能となるため、ダウンタイムを最小限にとどめることができます。 ▌ 構成例①:RDXを使用したバックアップファイルの物理的隔離 カートリッジを定期的に入れ替えることで、入れ替え後のマシンに接続していないカートリッジは、物理的にネットワークに接続していないため、バックアップファイルがランサムウェアに感染することがありません。また、カートリッジ単位で世代管理しているため、定期的に古いバックアップファイルは削除され、カーリッジの容量がいっぱいになることはありません。 ▌ 構成例②:隠し共有フォルダ―を使用したバックアップファイルの隔離 バックアップファイルは物理的にネットワークから隔離することをお勧めしていますが、どうしてもRDXなどが用意できない場合もあるかと思います。そういった場合は、隠し共有フォルダ―に対してドライブ文字を割り当てていなくても、直接隠しフォルダーを指定してバックアップファイルを保存することが可能です。通常の共有ネットワークにバックアップファイルを保存するよりも、隠し共有フォルダ―に保存することで、セキュリティを高めることが可能です。 ※ 隠し共有フォルダ―を使用しても、ランサムウェアに感染しないという保証はございません。確実にランサムウェアにバックアップファイルが感染しないようにするには、物理的にネットワークから隔離する運用をご検討ください。 まとめ 高速なリカバリが可能となるため、ダウンタイムを最小限にとどめられる「ActiveImage Protector -RE」。もし、マシンがランサムウェアに感染しても、バックアップファイルを「ActiveImage Protector

★ バックアップファイルのランサムウェア対策Read More »

★ ActiveImage Protector 2018-RE 便利な新機能編 ①ファイル復元

★ ActiveImage Protector 2018-RE 便利な新機能編 ①ファイル復元 前バージョンまでは、マウント機能を使用してファイル復元を行っておりましたが、「ActiveImage Protector 2018-RE」から復元メニューに「ファイル復元」が追加され、バックアップイメージファイルから、指定したファイルやフォルダーを ActiveImage Protector のGUI上で個別に復元することが可能となりました。 「ファイル復元」が追加されたことにより、マウント機能によるただのファイルコピーでは欠落してしまう【ファイルに付与されたアクセス権】などの情報もそのまま復元できるようになりました。 ▌ 「ファイル復元」は以下のような状況で役立つ機能です。 case 1 ファイルサーバー上の大事なデータを誤って削除してしまったため、そのファイルだけを簡単に復元したい。 case 2 業務PCのマイドキュメントに保存していたファイルを誤って上書きしてしまったので、上書きする前の状態にファイルを復元したい。 case

★ ActiveImage Protector 2018-RE 便利な新機能編 ①ファイル復元Read More »

★ ウィルスに感染してもすぐに復旧!PC20台のマシン保護

★ ウィルスに感染してもすぐに復旧!PC20台のマシン保護 今回はある企業様にて、20台のPCを「ActiveImage Protector –RE Desktop Edition」を使用して保護した事例をご紹介します。 その企業では、今までファイル単位のバックアップしか取得しておらず、仮にランサムウェアなどのウィルスに感染した場合、PCを復旧させるためにはOSの再インストールが必要になってしまい、復旧にかなりの時間がかかっていました。 そこで、PC丸ごとのバックアップを作成するようにして、問題が発生した際、すぐに復旧できる体制づくりの検討を始めました。しかし、20台すべてのバックアップを「どのようなタイミングでするのか?」「時間はどのぐらいかかるのか?」など、いくつか課題がありました。 それらの課題を解決するために「ActiveImage Protector –RE Desktop Edition」でのバックアップ運用を採用しました。 PCバックアップの課題と解決 ActiveImage Protector –RE Desktop Editionをご導入したことで、従来のファイル単位でのバックアップ実施から、下記のとおり課題を解決することができました。 テーマ 課題

★ ウィルスに感染してもすぐに復旧!PC20台のマシン保護Read More »

★イメージバックアップとファイルバックアップ

★ イメージバックアップとファイルバックアップ 今回は今更ですが、改めてイメージバックアップとファイルバックアップの違いについてご紹介いたします。 まずファイルバックアップとは、その名の通りファイル単位でバックアップを取得する手法です。かたや、イメージバックアップとは、ひとことで言うと「OSを丸ごとバックアップする」手法です。なぜ「イメージ」というのか、それはバックアップした複数のファイルやフォルダを「イメージファイル」にまとめるから、ということです。 ※ イメージファイルというのは、ファイルやフォルダの階層構造を保ったまま複製したデータのことです。 あくまで、取得するバックアップ対象の違いからくるそれぞれの手法となりますので、どちらが有効かなどはその用途で異なってきます。バックアップを取得する状況を考慮して、有効な手法を選択いただければと思います。 ここでは、それぞれの手法におけるメリット・デメリットなどを比較してまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 イメージバックアップとファイルバックアップの比較表 イメージバックアップ ファイルバックアップ バックアップ対象 システム データ バックアップ単位 ボリューム/ディスク フォルダ/ファイル 復元対象 OSやデータを含むディスク全体 データのみ バックアップの方法 スナップショット

★イメージバックアップとファイルバックアップRead More »

精度の高い操作ログ管理を簡単導入・初期費用0円のサブスクリプション(月額)で利用可能
クライアント操作ログ管理サービス「MylogStar Cloud」を2021年5月19日より提供開始

株式会社ラネクシー(代表取締役社長:小瀬 充、以下ラネクシー)は、同社が開発したクライアント操作ログ管理の「MylogStar Cloud(マイログスター クラウド)」をサブスクリプション(月額)サービスとして、2021年5月19日より提供開始します。 MylogStar Cloudは、クライアント操作ログ管理サービスとして、内部統制で企業に求められる監査証跡の管理のために、情報漏洩予防および問題発生時の原因究明を容易にする機能を提供します。 従来このクライアント操作ログ管理の仕組みをオンプレミス環境でユーザーが導入する場合、専用の管理用サーバーを企業内に用意する必要があり、事前の取得ログ項目の設定などにも時間を要する傾向がありました。しかし、MylogStar Cloudではこの企業内での管理サーバーの準備や煩雑な事前設定などは不要で、「かんたん」に導入・利用できるように設計してあります。担当者にシステム構築の知識がなくても運用することが可能です。 今回リリースするMylogStar Cloudは、ラインナップに「Standard」と「Plus」の2種類あります。共にベースとなる情報漏洩対策に必要な操作ログ収集機能を実装し、更に「Plus」に関しては業務分析レポートの機能も利用できます。※詳細は機能表をご確認ください。 また、料金は1Agent単位の月額サブスクリプションで「Standard」が800円、「Plus」が1,600円となっており、必要ライセンス分のAgent課金の為、導入規模に合わせた予算で利用が可能です。しかも導入初期費用は不要となっています。※表示金額は税抜価格です。 これにより、今までログ管理の導入に敷居の高さを感じていた企業も、かんたんにログ管理の導入・運用を実現することが可能となり、情報漏洩対策や業務可視化を実現することができます。 ラネクシーは、今後もMylogStar CloudをはじめとするMylogStarシリーズの各ラインナップにおける機能強化および新機能の追加を計画しており、情報化社会の企業リスク低減と業務効率化支援で、企業価値の向上をお手伝いいたします。 MylogStar Cloud 特長 ★ 簡単導入・簡単運用 クラウドサービスなので、手のかかる管理サーバーや取得ログ設定などが一切不要! ★ ハイパフォーマンスなログ

精度の高い操作ログ管理を簡単導入・初期費用0円のサブスクリプション(月額)で利用可能
クライアント操作ログ管理サービス「MylogStar Cloud」を2021年5月19日より提供開始
Read More »

★大企業のテレワークをサポートする

★ 大企業のテレワークをサポートする MylogStar(マイログスター)でセキュリティ対策から業務改善まで 現在、各企業で働き方改革に向けてさまざまな取り組みが行われようとしていますが、働き方改革を実現するためには、まず「いつでも」「どこでも」働ける環境を構築しなくてはなりません。一方で、そのような環境はこれまでより情報が持ち出しやすくなるため、漏洩のリスクも高くなるということを念頭に置く必要があります。また、テレワークにおける在宅勤務やサテライトオフィス勤務など、管理者から目の届かない場所での業務状況をどのように把握するかなどの課題もあります。 これらの課題解決をサポートする方法としては、クライアント操作ログによる証跡管理が効果的です。そこで働き方改革におけるIT環境におすすめの操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar(マイログスター)」をご紹介します。 テレワーク(働き方改革)に潜むリスクや課題 テレワークを実現するIT環境にも対応可能なクライアント操作ログ管理が必須 MylogStarとは MylogStarは物理環境・シンクライアント環境にかかわらず、業界トップクラスの精度の高い収集力で操作ログなどを取得できるソリューションです。また、取得した操作ログは直観的に使える管理画面で効率的に管理・活用ができます。 働き方改革をサポートする「MylogStar」の特長・機能 テレワーク(働き方改革)をサポートするMylogStarのログ管理 テレワーク(働き方改革)をサポートするMylogStarのログ管理 テレワークを実現するための手段として、シンクライアントを利用したインフラ環境の整備がありますが、MylogStarはVDI/SBC環境においても物理環境と同様に操作ログを取得することができます。また、接続元端末のコンピュータ名とI Pアドレスを取得し、ユーザーログに表示することが可能です。これにより従来と変わらない不正操作の抑止や有事の際の原因追究といった情報漏洩対策を実現できます。 業務効率化レポート MylogStar WorkRadar(マイログスター ワークレーダー)は企業の働き方改革をサポートする業務効率化レポート機能を提供します。

★テレワーク導入には向き不向きがある!おすすめの業種は?

★ テレワーク導入には向き不向きがある!おすすめの業種は? テレワークは社員にとって時間や場所の制約を受けずに働ける魅力的な勤労形態です。一般企業のような職場スペースを確保せず、自宅を職場にして働くこともできます。経営者・社員・生産性など多方面にメリットがありますが、全ての業種に適しているとは限りません。では、テレワークに向いている業種とは一体どのような仕事なのでしょうか? テレワークに向いている業種 まず、テレワークを導入することでメリットが得られる代表的な業種について紹介します。 ⦿ 経営幹部 役員など経営幹部に所属している人たちは、企業の方針を部下に伝え舵取りをすることが仕事です。決済などの書面がある際は電子書籍で計上することも可能ですし、部下からの報告・連絡はテレビ会議などで受けられるでしょう。訪問客や外部との接触がある時だけ出社すれば良いので、テレワークに向いていると言えます。 ⦿ 営業部 営業部は、営業成績が明確になるためテレワークが向いている業種の一つです。営業部は業務時間内に取引先に出向くことが多く、自分のデスクで作業する時間がないこともあります。会社にいるのは営業会議や株主総会など特別な会議が行われる時間帯だけという状況も珍しくありません。しかも、会議であればオンライン上で対応できます。欠点があると言えば、営業スタッフが顔を合わせる機会がなくなりチームワークを構築できないという点ではないでしょうか。テレワークを導入すると一人ひとりの実績だけが先行するので、チーム全体で取り組むという連携プレイが少なくなるかもしれません。しかし、それ以外の観点からすれ営業の仕事はテレワークでも違和感なく勤務することが可能です。 ⦿ WebデザイナーやWebライター デザイナーやライターは元々フリーランスで働くことの多い業種です。テレワークととても相性が良く、受注や納品などの業務もメールで対応できます。デザイナーは各種ソフトを活用すれば業務を遂行できますし、ライターも同じようにメールでコミュニケーションを取りながら作業していきます。 テレワークに向いていない業種 次にテレワークが難しい業種について見ていきましょう。 ⦿ 総務部 総務部は会社のインフラを管理する業種です。総務部が会社を空けると何か不具合や問題が発生した時、対応する人がいません。文書管理や消耗品管理などは会社にいるからこそできる業務です。総務部は人事評価や社員の勤務管理の役割もあるので、テレワークを導入した働き方は向いていないでしょう。もしも、導入を希望するのであればテレワークできる仕事があることを条件に検討してください。 ⦿ 開発部 開発部はプロジェクトを遂行するにあたり予定通り成果を得ることができればテレワークを導入しても問題ない業種です。仕事をしやすい環境を自分なりに作り上げることで、その分大きな成果へとつながります。しかし、成功を収めるまでのプロセスはテレワークでどれだけの仕事量をこなしてきたか証明することはできません。これは企画などを考える際にあてはまることですが、企画開発するにあたりたくさんのアイディアや意見を出し合いながらプッシュアップしていくからです。成果が得られるまでに時間がかかり過ぎることも多く、テレワークでは実証できない部分もあるでしょう。

★テレワーク導入には向き不向きがある!おすすめの業種は?Read More »

★テレワーク導入前のプロセスで大切なことは?

★ テレワーク導入前のプロセスで大切なことは? 働き方改革の観点からテレワークの導入を検討する企業が増えてきました。テレワークは複数の部署を取り巻くため、事前にテレワークの導入に向けての大まかなプロセスを把握しておくことが重要となります。ここでは、テレワークのプロセスにおいて必要な取り組みについてご紹介していきます。 テレワーク導入までの大まかなプロセス テレワークの導入を検討する際は、どんなプロセスを経てテレワークを始めるのか把握しておく必要があります。導入までの大まかな流れは以下の通りです。 導入検討 導入目的や経営判断 現状把握 テレワークの導入範囲や形態、基本方針を策定 テレワーク導入に関する社内ルールの規定 情報システムを活用したテレワーク環境の向上 テレワーク導入に向けての教育研修実施 テレワーク試行導入 試行導入後の効果・問題点の検証 テレワークを本格導入 テレワーク導入前は以上のようなプロセスに沿って、本格的な運用へと導いていきます。 テレワーク導入にあたり注意しておくべきポイント テレワーク導入前の各プロセスにおいてはいくつか留意点があるので、必要事項を明らかにさせておきましょう。 ⦿ 利便性と安全性のバランス テレワーク導入を安全に進めていくためには、社内通信環境を徹底して見直すことです。よくある失敗例が、企業内にVPNを設置しインターネットVPN経由で社内サーバーにアクセスすることです。VPN機器を更新せず、セキュリティ対策が滞ってしまう状態になるケースはよくあります。古いサーバーなどをそのまま使い続けている状況も少なくありません。こういった通信環境は、メンテナンスコストが発生する上、最新のセキュリティ対策に対応しないため、外出先からのアクセス対応ができないことがあります。テレワークを導入する際は、早急に企業内のネットワーク環境を見直すようにしてください。 ⦿

★テレワーク導入前のプロセスで大切なことは?Read More »

★テレワークが推進される日本!行政が行っている取り組みとは?

★ テレワークが推進される日本!行政が行っている取り組みとは? テレワークには従業員や企業、いずれは社会全体にメリットがあると考え、日本の行政は推進に取り組んでいます。厚生労働省や総務省はテレワークを日本国内に普及させるために、様々な取り組みを行っています。今回は主にどんな取り組みが行われているのかご紹介しましょう。 厚生労働省の取り組み ⦿ テレワーク相談センター これは厚生労働省委託事業で、テレワークの導入に関する相談を受け付けています。テレワークに関する疑問への解答や助成金の申請手続き、さらには訪問による相談対応も可能です。無償で利用できるので安心して相談できます。 ⦿ 訪問コンサルティング テレワークを導入した際の就業規則や適用業務の選定、労働時間管理などのコンサルティングが受けられます。全国に対応しており、3回までは無償でコンサルタントが派遣されます。 ⦿ テレワークセミナー 講師を招きテレワークに必要な情報を提供してくれるセミナーを定期的に実施しています。受講後は個別相談会が実施されるので、講師から直接アドバイスをもらうことも可能です。 ⦿ 輝くテレワーク賞 この賞は平成27年度から実施されています。テレワークによりワークライフバランスの実現や成果を上げた企業などを表彰しています。企業の取り組みを社会に周知させる狙いがあるようです。 ⦿ 職場意識改善助成金(テレワークコース) 終日在宅またはサテライトオフィスでのテレワーク実施に取り組む中小企業に向けた助成金制度です。新規で導入する企業だけではなく、すでに導入を試している企業も対象となります。成果目標の達成・未達成により支給額は変わってきます。 総務省の取り組み ⦿ テレワークの導入・活用に関する情報

★テレワークが推進される日本!行政が行っている取り組みとは?Read More »